雑多ブログ〜日々の感じたことを書き殴る〜

日々見た映画、アニメ、漫画、サッカーなんでも感想を書いていく

永い言い訳

邦画です。

結構、邦画好きみたいです。

たまたま、WOWOWで放送しているので観ています。

f:id:hiro_figo:20180716005220j:plain

星☆☆☆☆☆☆☆

西川美和監督

出演、本木雅弘竹原ピストル

あらすじは、ダメ男のもっくんが浮気をしている最中、妻深津絵里が友人堀内敬子と雪山に行くときの交通事故で亡くなってしまう、妻が亡くなったと聞いても全然泣けない、悲しくない、かたや妻の友人の旦那竹原ピストルは妻の死を延々と引きずる妻大好きな夫を演じた。

彼には子供二人いて長距離トラックの運転手、息子は妹の面倒を見るために私立中の進学をあきらめるという、それはかわいそうだと作家のもっくんが週何度か子供の面倒をみるために竹原家に通うことになり、もっくんの気持ちが徐々に変わっていく。

 

西川美和監督作品を見たことがなかったので、楽しみに見た作品でした。

殯の森の人だと思っていたら今調べたら河瀬直美監督と勘違いしていました。

感情の言語化が苦手なのでこのブログを書き始めましたが、今回も少し難しいのでざっくり言うとおもしろかったです。

どこがどうということが言えません。

池松壮亮は、素晴らしい役者ですね、彼の芝居は本当に惹きつけられます。

どこのどのシーンがよかったとかを言うのはあまり好きではなく、作品全体でよかったかどうかの方がみる人にとっては重要だと思います。

最後まで見た時に嫌の気持ちにならず、前を向けるいい作品だと思います。