雑多ブログ〜日々の感じたことを書き殴る〜

日々見た映画、アニメ、漫画、サッカーなんでも感想を書いていく

日本対ベルギー2対3

ベルギー戦の感想を書いていこうと思います。

f:id:hiro_figo:20180703120719j:plain

 

2対0までは、素晴らしかったですね。点やらない気迫。点を取ってやろうとみんなギラギラギラしていました。このまま勝っちゃうんじゃないかと思いましたね。


ですが…

 

ベルギー1点目のヘディングシュートは狙ったヘディングシュートではないと思います。川島選手がダメというわけではないが、中村選手だったら取れていたんじゃないかなと思ってしまいます。1点目が入って強烈に負けのイメージが膨らみましたね。日本の2得点目以降、日本の選手たちに攻撃はもういいから守ろうという空気がでていました。その時にとられた1点目は多くの選手たち、見ている人たちにダメかもしれないという感覚をあたえましたね。

大迫選手は今大会、結局ヘディングの1点のみで大事なところは外しまくっていましたね。
もう1点入っていれば結果は違っていたと思います。

正直リーグで点とってない人たちばかりのFW陣に得点の匂いはしませんでした。海外組で一番点を取っていた中島翔哉選手がいたら期待値も変わっていたのではないかと思いました。大迫選手のキープ力は確かに素晴らしいが得点力低すぎな気がしました。
ドイツリーグで3、4点ですよね。
本田選手の最後のフリーキックは見事なボールでしたね。ただ少し遠かった気がします、最後のチャンスで直接ゴールを狙わないといけないのは、本田選手に自信があったからというわけではなく、FW陣に期待値がなかったからだでしょうね。ベルギーのようにルカク選手がいれば、フェライニ選手がいればそっちで勝負するほうが期待値が高いですが、日本にそんな選手はいませんでした。


今大会残念だったのは、香川選手がボールを持った時のワクワク感のなさでした。
何か起きるかもしれないという期待感のあった選手でしたが今大会ではまったくそんなプレーがみられませんでした。
乾選手と柴崎選手だけでした。
正直、最後どんなに柴崎選手が疲れていても山口選手と交代するべきではなかったように感じます。山口選手がボールを持っても柴崎選手のような魔法のようなパスはだせないのだから。
柴崎選手は終始素晴らしかった。
強いチームからオファーがあることを望みます。彼ならどこでも素晴らしいタクトを振れる気がします。

もしかしたらレアルやバルサでも同じように素晴らしいタクトが振れるのではないでしょうか。そんな期待が持てるプレーでした。

この大会で何人の選手がいいオファーをもらえるのか?光っていた柴崎選手、乾選手には、大きいオファー来ることを望みます。